コンテンツSEOは面倒臭さがある

コンテンツSEOは面倒臭さがある

重複コンテンツによるペナルティで悩まされているサイト管理者も近頃は、大量のですが、今のグーグルはとにかくページの質を重要視するようになってます。サイト内のページ数やテキスト量がコンテンツSEOでは、重要となってきますから、こつこつと意味あるページを地道に増やしていく作業が必要になってきます。

FAQや用語集などを作り、ゴミみたいなページを量産するだけでも数年前ならばある程度のアクセスアップが見こめたのですけど、現在においてはむずかしくなっています。誰にでも根気さえあればできるし、効果がある程度出せると言えますが、簡単にだれにでも簡単にできる事では欠如とも感じてます。

ロングテールキーワードであってもそれは同じことです。明確などれだけのテキスト量があれば感じが好いのかという基準はありませんし、それだけでテキストが多ければハイクオリティーなページというわけでもありません。

記事をコンテンツSEOによる効果を体感するためには、量産をしていかなければいけないのですけど、百害あって一利なしとゴミ記事を量産することはいえますので、やめといたほうが格好でしょう。ナチュラルリンクを受けられるほど全てのページが質が優良状態がベストですけど、それは到底無理な話なので、そのページが訪問者にとって見る価値のあるページに最低限なってるのかということを考えながら作っていきたいものです。

コンテンツSEOのその理由の一つが面倒臭さにあるとおもいます。そのページが例えコピーページではなくても上位表示することは内容が欠如ページではできません。

けっこうSEO関係者でもコンテンツSEOを実施してない人も幾多ののです。


ホーム RSS購読 サイトマップ